昨晩は、歴代のツール参加者が集う忘年会が銀座であり、行ってまいりました。

ツールと称する自転車ツアーは、ジェームス・スキナーさんと
そのセミナー参加者、その他の一般の方が自転車(ロードレースバイク)で
ヨーロッパ等を長距離走るツアーです。

2010年ツール・ド・ヨーロッパ5000キロ
2011年ツール・ド・ジャパン
2012年ジロ・デ・イタリア(女子ツアー)830キロ
2013年ツール・ド・北欧 2500キロ
2014年ツアー・オブ・アメリカ 5300キロ(だったと思う)
ということで、毎年行われてきました。

ですから、2010年に参加した最年長走者のフィニヨンさん(ニックネーム)は
当時56歳で、今は61歳なのです。

私もエストニアのタリンで40歳の誕生日を迎え、今は41歳です。
時の流れを感じた忘年会でした。

今回、アメリカのメンバーは、いわっきーだけが参加でした。
前3回のメンバーだけが集まった会と言えます。

ジェームスさんはアメリカ住まいなので当然参加なさらず。
主催者のKさんや北欧のメンバも関西の方なので、参加なさっておりません。
他のスタッフは主要な方がほぼ勢ぞろい。

ツアーに参加した走者・スタッフとも、バイタリティあふれる方達。
「人生は一度きり」
だから好きなこと、本当にしたいこと、冒険をせずしてどうする!
という、生き方を普通にしている人たちです。

だから、会場も明るく元気。とても楽しい宴会でした。
やっぱり、いいですね。一緒に走ったメンバーって。
IMG_0469

今回は、初期メンバーのお二人が砂漠マラソンで南極を完走した
お祝いがメインだったのです。

あなた、砂漠ですよ。
足の指の爪が全部めくれるくらいに過酷なツアーなのです。
アタカマやゴビなどの4砂漠を制覇すると、南極への参加権がもらえるのです。
すごすぎる。そして、アホで素敵です。 

苫米地博士のグループとはまた違い、
ジェームス・スキナーさんのところのグループは活気があるなあと
改めて感じた宴会でした。

宴会を手配してくださったベテランスタッフHさんに感謝なのでした。
=まゆみより=