先日、当ブログで、六本木に映画
を見に行った話をしました。

主演女優がダコタ・ジョンソンさんでした。
わざわざ金髪をブルネットに染めたのだそうです。

映画の公式サイトを事前に見て知ったのですが、
このかた、メラニー・グリフィスの娘さんなんです。

「なるほど」と、思いました。 
なぜならば、メラニー・グリフィスさんご自身が
『鳥』の映画の主演女優の娘さんです。
そして、『ボディ・ダブル』でポルノ女優の役を演じてる。
親子で同じようなことをなさってるのですね。

私、メラニー・グリフィスさん主演の
『ワーキング・ガール』という映画が好きなんです。
あの映画、主題歌やストーリーがとてもよろしい。
IMG_0879

おかげで英語学習用の日英対訳本を持ってるくらいです。
(苫米地博士のお嫌いな学習法です・・・)

メラニー・グリフィスさんのお顔自体は、
とても「アメリカ人好み」だと思います。

何となく、アメリカのファッションやメイクの変遷を感じます。
母・娘ともども、時代をとても良く反映なさってるんでしょうね。
=まゆみより=