私のクライアントさん達はすでにご存知なのですが。
以前から私は、あまり手に取らないカテゴリの本を時々は手に取るように意識しています。
ジェームス・スキナーさん(コーチ、有名セミナー講師)から習った手法です。 

今回買ってみたのはコチラ。エルデコのオフィス特集です。

ELLE DECOR (エル・デコ) 2017年 02月号
ハースト婦人画報社
2017-01-07



表紙を美容室で見て気になっていたのですが。書店で発見できず、Amazonで買いました。

最近、アマゾンが新しいオフィスを建設中で、(球状のガラス温室となる予定なのだそうです)、アメリカのネット業界のオフィスがスゴイのは耳にしていたのです。

改めてみると、ぶっ飛んでますね!
私は日本のお堅い会社で長年勤めていたので、中古のデスクしか使ったことがなく。
イスは多くの場合は擦り切れて穴があいていましたが。(お客様にとってはいいことなんですよ。節約しているぶん、サービスに金が回っているんですから。)

アメリカの名だたるインターネット関連の会社のオフィスは実に贅沢なんです。インテリアもエクステリアも。「えらい違いだ!」

なんというか「無駄」とか、「もったいない」とか「高すぎる」という感覚を超越していますね。
未来とはこんな感じなんだろうか? 未来そのものを形として表現されたような気分です。

そして、個人と企業の資金力の差を見せつけられたような気分にもなりました。
事業会社というのは、圧倒的な資金力でもって、個人とは違う経済感覚がまかり通るというか。
価値観が違うのですね。

目から鱗でした。
ちなみに、私は落ち着いた色の家具で、シンプルな壁のオフィスで仕事したいです。
あまりに現代アートに充ち満ちるオフィスだと、落ち着かないかもしれません。
=まゆみより=