6月11日に映画を見てきました。『Viva!公務員(QUO VADO? オレはどこへ行く?)
イタリア映画歴代興行収入トップの大記録とだけあって、笑いっぱなしの映画でした。



公務員の仕事で飛ばされた先が北欧。
そのカルチャーギャップがとても笑えました。

思うのですが、私のコーチングに対して、人生の変革を当然期待されるのですが。
一番楽で効果的なのは、住む場所を変えてしまうことです。

イタリア人の典型とも言える主人公が、北欧の文化に触れて、自分の偏見を見直して、
自分の行動を変えていく場面があり、見ていて清々しく、でもはたから見ていると、ちょっとおかしい。
ヨーロッパは色んな文化を持つ国の集合体ですから、その性質がコミカルに表現されておりました。

気になる人はぜひ。
やや大人向けの映画です。
=まゆみより=