こんばんは。今日は急に寒くなりましたねえ。

金沢では、あられのような白いものが降っておりました。ぶるぶる・・・。

201111202030000

写真は、なんだかすでに枯れはじめて、花びらが「べろん」となってきているバラ。



唐突ですが、皆様、ミュージカルってご覧になられますか?

私は、たまに見ます。そして、平気です。楽しむほうだ。




そんでもって、皆様、ミュージカルの映画ってご覧になられますか?

私の昔の友人が、ディズニーのアニメ映画「ポカホンタス」が歌の賞をとって、

初めて興味を持ち、アニメのミュージカルなるものを見た時、

「なんで、いきなり歌うんだ? 踊るんだ? ついていけん!」と、戸惑っておりました。

(その後、ディズニーは、そういう部分をパロディにした自虐的な映画をつくってました。)


私はとてもノリノリな感じがスキなので。アニメのミュージカルに対しては、

「そこが、いいんじゃん!」としか思わない。



そんな究極のミュージカルのアニメがこれ。

ハッピーフィート2

ペンギンが踊るんです。アメリカのヒット曲にあわせて。

「ハッピーフィート」の続編です。



現代の曲になるとですね。拒絶反応がでる方がいらっしゃると思います。

ハッピーフィートに出てくるのは、クィーン、プリンス、エルビス・プレスリーなどなど。

タップダンスあり、ラップ、ロックあり。


私の父がそう。「・・・ついていけん・・・」と、

このアニメを見ている最中に、TV画面を「ぶちっ」と消してました。

ディズニーの定番アニメ映画は大丈夫なのにね。

201111151857002

ハッピー・フィートは、いやもう、ペンギンの尻ふりダンスがキュートでねぇ。

ハッピーフィートの1作目で好きなのは、主人公の父ちゃんだ。

男性の声が素敵。



ストーリーの後半が、いきなりシリアスな環境問題になって、

びびってしまいましたが・・・まぁ、良い。


前作から月日が流れた分、アニメ技術が向上した上に、

3Dにまでなったようです。

見にいきたい・・・終わらないうちに。

でも、今月の最終週には、ブラッドリー大学の学位試験があるので、

ピンチなものだから、うっかり映画のことを忘れておりました。

気持ちよ~く、映画が見られるように、今晩もがんばります。



皆様も、興味があってお時間がございましたら、ぜひ見に行ってみてください。

大音響の方が、タップ・ダンスの場面などは迫力があってよろしいです。

それではおやすみなさい。



(追記)

2011年12月2日、コロナワールドのシネマでこの作品を無事見てきたのです。

何と!観客は私一人だけだった・・・

その夜、「ルパン3世」のスペシャルを放映していたらしい。

びっくり&ちょっぴりさみしかったです。


正直に言うと、「1」の方が格段に面白かったです。

でも、CGがすごくキレイだった。氷や海の部分に透明感がプラスされています。

=ジャスミン=