私は数年くらい、トルコ語を習っていた時期があります。

東京に住む機会があって、ゆとりができたら、勉強を再開して、

その後はビジネスにいかしたいくらい。そのぐらい一時期勉強していた・・・

のではございますが。最近は、さっぱり。

トルコで多分一番有名な歌手は、

女性が「セゼン・アクス」で、男性が「タルカン」です。

どちらのかたも、バラードがすご〜く素敵。うっとりなのでございますよ。

201302050516000

タルカンさんの方は、日本でも「チュチュはキスの合い言葉」という曲が、

ラジオで良く流れていた事があり、間違いなくいい歳した大人の方々は

一度は耳にしたことがあるハズなのでございます!

タルカンさん昔はダサく、あか抜けてきてこうなって。

201302050516002

現在もご活躍されています。

今は、アメリカに行くなど、インターナショナルに活躍しようと頑張られていて、

もっとカッコいい写真もたくさん。

黄緑色の目が、魅惑的だとよく言われます。

中東の文化、イスラム教というのは、「人間は弱い」という前提の文化です。

男女のお付き合いをすると、女性はまず浮気をするものとして扱われます。

「人間って、弱いから。他のお誘いがあるとなびくもの」と、いう感覚。

そして、恨みがましいです。

タルカンさんの曲に「石(タシ)」という曲があるのです。

男性から女性の思いが離れて、別れちゃったことへの恨みつらみの歌なのですが。

「俺は道に転がる石になって、おまえを転ばせてやる。不幸にさせてやる」という、

とんでもない歌詞です。その後に続く歌詞も、日本だと間違いなくストーカーです。

その「石」の曲の替え歌が、トルコのサッカーの応援歌になっています。

それが、写真の2枚目の青と赤色したCDの方ね。

題名は「われらこの道をいく」みたいな訳になりますかね・・・

曲の雰囲気はすごくカッコいいのですよ。

「野こえ、山こえ、優勝カップをとりにいくんだ」という。

この感覚がよくわからない・・・替え歌の差が激しすぎ。

たぶん、文化の差だから、そのまま受け入れるしかない。

トルコの方達にとっては、日本の性や男女関係に関する乱れっぷりが、

宗教との関係で理解不能のものであるそうです。

お互い様なのです。

=ジャスミン=