今日、六本木ヒルズに映画を見に行ってまいりました。

見たのは『リンカーン

Dcf00008

アメリカ南北戦争から、暗殺されるまでのストーリー。

スピルバーグ監督です。

Dcf00009

シリアスなストーリーのものを見に行ったのですが、

ただ今、映画館の外観はこんな感じ。ギャップが激しい。


この監督の映画って、シンドラーのリストもそうですが、

社会的な映画の場合、シナリオがイマイチ感情移入できなくないですか?

今回もそうで、題材がそもそも内戦ということでメチャ暗い上に、

リンカーン夫婦が病気で子息を失って、鬱(うつ)状態に陥っている部分まで

忠実に描いているようなので、どの人物にも共感・同調できぬまま。

まるで現場にただよう幽霊にでも自分がなったような気分のまま

見終わってしまいました。


でも、やっぱりダニエル・デイ・ルイスさんが

3度目のアカデミー主演男優賞受賞だけあって、ものすごく上手。

英語の抑揚が素敵で、大統領本人もこんな感じだったのかなあって。

リンカーン大統領のカリスマ性を表現していて凄かった。

それだけで見る価値はあるかと。

Dcf00007

アメリカの大事な歴史だけに、映画もものすごく史実に気をつかいながら、

丁寧に作られているという印象を持ちました。

だから、アカデミーで美術の賞も受賞しているのでしょう、戦争ものなのに。


皆様、今年、先日にあったオバマ大統領の再選後の就任演説を

ご覧になられましたでしょうか?

観衆の人数が凄かったですよね。私はビックリでした。

今回のオバマ大統領は同性愛者の人達の権利に関する発言など、

前期にはないような突っ込んだ内容まで踏み込んで演説して、本気度出てました。

(今後どうなるかは知りませんよ。)


アメリカ南北戦争のときは、何十万人も戦死していて、それを背負って大統領は

演説しているわけです。

だから、リンカーン大統領は、もっとカリスマ性が凄かったんだろうなあ、と。

そう思いながら見ておりました。

=ジャスミン=