赤坂コーチング 西村まゆみ

苫米地式認定コーチ・西村まゆみのオフィシャルブログ。

ファッション・アクセサリ

(動画)コール・ハーン(Cole Haan)のハイヒール(苫米地式美人コーチ・西村まゆみ)

サラリーマン時代から、あまりにもエロッっちいハイヒールなので
よく問い合わせが入ります。
「それ、どこの?」って。
ご説明した動画です。

履いていて疲れず、なおかつ美しいという靴は
なかなかお目にかかれず、見つけると貴重でリピートしてます。
=まゆみより= 

花柄のハンキー・パンキー

最近、私はあまりお洒落に関心がいっておりません。
一時的に優先順位が下がっているのだと思います。

でも、下着は意識して取り替えております。
肌に直接触れるものだからです。
見えないから適当で良いだろうという発想は私にはない。

このあいだ買ったのがこちら。
お花柄のハンキー・パンキー

買ったのは新宿・伊勢丹です。
履きやすくて、このパンティに限り、
ブラジャーと上下揃いでなくても着てしまいます。
DCF00002

通常は2枚か3枚まとめ買いするのですが、
今回はこの他にピンとくる柄がなく。
1枚だけなのです。

早速活躍しています。
そして、古くなっていた下着を2セット捨てました。
=まゆみより= 

パーカーのファスナーを壊しちゃった

今朝、AppleStore渋谷で動画を2本編集してUPする
作業をしておりました。

季節は5月の下旬です。
ゴールデン・ウィークあたりから、AppleStore渋谷では、
朝から冷房を入れております。
人ごみで熱気がこもるので、朝早めに冷房をかけているのです。 

持ち時間は90分であり、70分したころ(つまり、9時10分ごろ)
肌寒く感じたので、パーカーの前をとめるため、
ファスナーをあげようとしたところ。

「ずぼっ」と、金具があがるどころか、下にすっぽ抜けました!
私も、Appleストアの髭のお兄さんも「口・あんぐり」
DCF00003 2

ああ、長年愛用していたジューシー・クチュールの
黄緑色のパーカーちゃん。ご臨終。
これだけ着られれば、パーカーの方も本望でしょう。
=まゆみより= 

マカダミアナッツ油は焼き鳥の香り

私が新しく習得した趣味は、アロマセラピー&アロママッサージです。
自宅でもオイルを使ったマッサージをしております。
学習のため、いわゆるアロマ検定の教本にでている
5種のキャリアオイル(植物油)を試しているところなのです。
今まで2種ほどオイルを使ってみたところでした。

アロマスクールで先生に
「 精製していない、生絞りのようなオイルを使うと
香りがキツイ場合がありますよ」と、習ってはいたのです。

しかしながら、知識があるのと、実際に経験するのとは、全くの別物。
さて先週、マカダミアナッツオイルの封を切って使いはじめたところ。
焼き鳥のタレのような香りがする。

油の中にたらしたお花の精油の香りがうち消されてしまいましたよ。
私にとってはナッツの香ばしい香りは強すぎるのでした。
DCF00017

写真で分かってはしまうのでしょうが、あえてブランド名は出しません。
あのう、品物はいいのですよ。成分もとてもよろしい。
ああ、でも香りが気になる。

でも、いいもん、モッタイナイからそのまま使いきっちゃう。
何事も経験なのでした。
=まゆみより= 

着物は着るのも片付けるのも手間です

身もフタもないお話を。
着物を着るのはいいんですが。脱ぐと片付けるには、たたまないといけません。
訪問着の本体と、襦袢とではたたみ方が違います。
DCF00007

土曜日に着ていた着物を、吊るして湿気をとばしていたのです。
着物用の肌着を洗濯して干してあったので、それもたたんで、片付けたのでした。
お洋服だったら、クリーニングに出して吊るすだけなのですがね。
小物類がどさっとあり、それも何だかなあ。
DCF00008

私はお茶を4年ほど大学生の時に習っていたから、何度もやっている作業ですけれども。
踊りなどをやっていない方にとっては、片付けることもできないのではないだろうか。

着物は独特の華やかさがありますが。
手間なところが現代人に敬遠されているのだと思いますぞよ。 

ちなみに「その着物はレンタルか持っているのか(自前か)」と、
土曜日のパーティー会場で、男性の方にきかれましたが。
私は金沢市出身ですので、20歳すぎの頃に嫁入り道具として
買い与えられていたものを、そのまま東京に持ってきているのです。
20年ほど年季が入っている品です。もはやアンティークに近いですね。
=まゆみより= 

ナイキのリュックサックは中がド派手

私はほとんど毎朝パソコンを持ち歩いております。
よって、リュックサックは必須なのです。

先日、まだ1年経っていないというのに、ナイキのリュックサックの表面の
ファスナーが壊れてしまいました。

新しいのを買いにいき、型は同じなのです。
元のカラーが無いようで、別のカラーを選択することに。
グレーは渋過ぎて面白くない。
だから、地味な濃い緑を選択したつもり・・・だったのです。
縞シマではありますが。落ち着いたカラーを選んだつもりでした。
DCF00001

ところがどっこい、中のものを入れ替えようとして、ビックリ
「げっ・・・」
DCF00002

ビビッドな蛍光色のグリーンでありましたよ。
まあ、いいか。中のものが探しやすくなるだろう。
 
カバンを買うときは、中の地の色も重要である。
知ってはいたのですが。
ここまでとは。ナイキはやっぱり派手なブランドなり。
=まゆみより= 

LB03のパーカー

先日、まだ寒い時期ですので、分厚いパーカーが欲しくなりました。
今度は腰までこっぽり覆うものが欲しいと思い、渋谷の109で購入。
LB03です(ラブボート)です。 
DCF00001 のコピー

アメリカ野球リーグとのコラボ製品です。
妹が「大きすぎないか」と、一目みて言っておりましたが、寒い時期には重宝です。 
妹が上京し、東京ディズニーランドへ遊びに行っていたので、
このパーカーを貸したら喜ばれましたよ。
=まゆみより= 

ファーティマの手

先日、美容室に行ってヘアカラー(白髪染め)をしている時。
普段は全く読まない雑誌を見ておりました。

新年特集ということで、その雑誌は星占いで2014年の特集をしていたのです。
(追伸:私は星占いは見ないし、「ふ〜ん」と余興として楽しむ程度です。)

ペラペラとめくってみて、各星の運勢のところに、
今年オススメのパワーストーンがのっていて、珍しいと思っておりましたらば。
ちゃっかり、パワーストーンのブレスレットの通信販売が巻末に載っている。
宝石ではない半貴石ですのに、1個3万円もするのです。上手な商売ですね。

そのブレスレットを見ていて「げっ」と、私は思った。
青いパワーストーンの中に、手の形をしたキラキラの飾り(チャーム)が入っている。

これ、「ファーティマの手」というのです。
エジプトなどで売っています。
ドアのノックなんかに使われている、独特の形。
現地のものは、結構グロテスクなのです。手の真ん中に目ん玉が一個ついている。

ファーティマさんは、イスラム教のムハンマド(マホメット)の娘さん。
慈悲深いということで、お守りになっているのです。

イスラム教の「マグレブ」とよばれる地中海沿いの地域では、
イスラム教ではなく、キリスト教のギリシャでもそうなのですが、
「邪視(evil eyes)」という考え方があります。
妬み・嫉妬の目から自分を守るために、目で跳ね返すという発想なのです。

今回見たブレスレットのものは、手の真ん中に無色のキラキラストーンが入っている。
ああ、所変わると可愛らしくなるのですね。

ラピスラズリという石が入っているから、エジプトつながりで手のチャームも入ったのでしょうが。
個人的には・・・う〜ん。
あえて買いたくない。そのように思っております。
=まゆみより=
 

ルイ・ヴィトンのバッグ

年始のお金分析。
過去をバッサリ捨てていきたい私です。
あえて、しばらくは食べ物(グルメ)の話題なみに、抽象度の低〜い話が続きます。

過去の記録を捨てる前に、分析はする。
なぜならば、理性的かつ多面的に過去の自分について分析ができると
「こんなものか」と納得し、その経験と分析が次に生かせるからです。 

コーチにとって、過去は関係がありません。
だから分析も不要なのかもしれませんが。
経験や、それに付随する感情というのは、色々と未来の記憶の合成に使えて便利です。

そして、私という人物に興味のある方からは、男女からともに直にお問い合わせのある部分だからです。
私という人物はかなり特徴があるらしいです。 傍からみるとオシャレさんらしい。
過去にファッションの経験にそれなりにカネをかけているからでしょう。
そして、経験後に取捨選択し、時代遅れとなったものをバサバサと切り捨ててまいりました。


さて、私はあまりブランド物の皮バッグは持っていないのであります。
私は小物はブランド物を使います。
特に、ピアスと靴、財布は良いものを買ってます。ですが、カバンはあまりお金をかけない。

「サラリーマンが、ブランドものを持ってもねえ・・・」と、いう
意識がずっとあったのだと思います。

学生の時、父方の祖母にパロマ・ピカソの黒い牛革のA4サイズのカバンを
買ってもらったことがあります。

同時期、冠婚葬祭用にコーチのポーチ型の黒い牛革カバンを持っておりました。
母が気にして買ってくれた定番のもの。
この2つ以外、全部が皮というカバンを持ったことがない。

社会人2年目か3年目の頃、グッチの黒いバンブーのバッグを持っておりましたが。
本体は布製でした。
以上の3つは、時代を反映しておりますね。
記憶を掘り起こしてみて驚きました。女性のファッションは移り変わりが激しい。

カバン類は一度、最高と言われるものを試してみたいと思い。
ルイ・ヴィトンのモノグラムのバッグを何個か使ったことがあります。

ルイ・ヴィトンを買ったのは、社会人3年目から5年目にかけてだったと
記録には残っています。1999年から2002年頃までということね。

まず、ソフトの旅行カバンを買いました。11万円だった。
スーツケースに入れるサブバック用です。

次に、四角いトランク型の、ハードの化粧ケースを買いました。26万円。
こちら、裏面が鏡になっているのです。
当時は、円高が凄かったので、安かったのでしょう。

最後に、アクセサリーポーチを、お出かけ用に持っていたことがあります。


この3つを買った結果。満足してしまったのであります。
依頼、お値段がはるブランドバッグを買ったことがありません。


だいたい、ヴィトンのモノグラムの生地って重いのです。
金沢は雨の日も多いので、不便でした。
私の生活には不要だと思ったので、質屋に売り払いました。

ルイ・ヴィトンの経験以後、私が使うカバンは大抵は布か合成生地の本体に、
持ち手だけが皮だったりの、重量が軽いものです。
自転車に乗るようになってからは、リュックサック。

さすがに、仕事で営業などのご訪問をするカッチリした場では、
リュックは避けてビジネス風のバッグにしてましたが、こちらも基本は本体が布張り。

今はサラリーマンではなく個人事業主ですので、
再び皮のバッグを持つこともあるかもしれません。

傍から見てすぐにちゃんとしたものとわかるように、
布のカバンもそれなりの、いわゆるちょっとしたブランド物を持つのではありますが。
グッチやヴィトンなどなどではありません。
現在は、コール・ハーンと、ロンシャン。
以前使っていたブランドは何だったか・・・記憶にすら残っていない。

仕事が変わりましたので。今後はどうなることやら。
う〜ん、こうやって並べてみると、物への執着や煩悩って下らない。

でも、今後も何となく、ブランド物とのお付き合いは続くかと思います。
煩悩って、消す必要はないそうですから。
どうやってその情動とお付き合いするかが大事なのでしょう。
=まゆみより=

 

TOP GUNの軍服ワンピ

今年、私はコスプレが出来るようになりました。
苫米地博士のコーチングに真面目に取り組んだ結果、スコトーマが外れたのです。

1番最初に取り組んだのは、サンタのコスチュームでした。
ほぼ同時に買ったのがこちら。
DCF00003 のコピー

 
アメリカのブランド、レッグ・アベニューのワンピースです。
2013年カタログのもの。買ったのは六本木のドン・キホーテです。

動画でご紹介するつもりだったのですが。
先日全身の写真を取りにいったので、ブログでご紹介してしまいます。 
DCF00005 のコピー 6

TOP GUNの映画で、マーヴェリックとグースのコンビが主人公ですので。
胸のタグは二人の名前がマジックテープでついてます。
ご丁寧にも、サングラスには「TOP GUN」のロゴが入っているのですね。
DCF00004


先日、他の方とお茶している時に、
「ドン・キホーテでカップルで行き、そのままコスプレの衣装買って、
お家デートでそれを着てHするって、盛り上がっていいかもね。」と、いう話をしておりました。

明らかに、アメリカの「レッグ・アベニュー」のブランドのお洋服の作りは、
そういう要素が含まれていると思います。
アメリカの開放感あふれる夜の生活を肌で感じることができます。

でも、純粋に、コスプレしたい人の気持ちを満足させる要素たっぷりで
二重に美味しいのでした。

この私の姿を見た友人の明日香さん(8989女神)は、しばらく笑い転げていたのだそう。
それで、「ブログで公開してね。」って。
ポーズ指導までして下さってありがとうね。楽しい写真が撮れました。
=まゆみより=

 
 
   





美人コーチ西村まゆみ

d

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: